MENU
Gadgetのカテゴリアイコン
ガジェット
Audioのカテゴリアイコン
オーディオ
Appleのカテゴリアイコン
Apple製品
Amazonのカテゴリアイコン
Amazon製品
Recommended 3 selectionsのカテゴリアイコン
おすすめ3選
Knowledgeのカテゴリアイコン
知識
かずのこ
がじぇのこのアイコンのファビコン(白背景)
がじぇのこ

最高峰のノイキャンと圧倒的な音質を / WF-1000XM4 レビュー

WF-1000MX4の記事のアイキャッチ

どうも、イヤホンは耳穴的に落ちやすい
かずのこ(@KAZUNOKO_tech) です。

それでもヘッドホンより持ち運びが便利なので
外出時はよく連れて行きます。
でもどうせ聴くならノイキャン(※)もちゃんとあって、
音質もしっかりとしてるものが良いですよね。

そんなどっちにも優れたイヤホンの決定版といえばコレ!!


WF-1000XM4

業界最高クラスのノイキャン(※)搭載に、
ハイレゾ音質完全ワイヤレスも搭載。
もはやイヤホンはこれ一択と言っても過言ではありません!!
そんなWF-1000XM4を今回は徹底レビュー。
いつも通り実際の写真と共にご紹介していきたいと思います。

ノイキャン = ノイズキャンセルの略称で、周囲の雑音を低減させる機能のこと。

Amazonで見てみる?

この記事がおすすめの方

  • WF-1000XM4について知りたい
  • 実際の雰囲気や使用感を知りたい
  • 機能面やオススメポイントも知りたい
  • AirPods以外の選択肢が欲しい
目次

スペック

質量 約7.3 g x2
充電時間約1.5時間
充電方法USB充電(ケース使用)、ワイヤレス充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間)最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)
電池持続時間(連続通話時間)最大5.5時間(NCオン) / 最大6.0時間(NCオフ)
Bluetooth®通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.2
Bluetooth®対応コーデックSBC, AAC, LDAC
参考:SONY公式サイト

開封

WF-1000XM4の外箱

パッケージはこんな感じです。
箱の大きさは約W9.5×D6×H5.8cmです。

付属品

WF-1000XM4の付属品

付属品はこんな感じです。
本体、充電ケース、USB Type-Cケーブル、
イヤーチップ(S,M,L)、保証書、取り扱い説明書が付いています。

WF-1000XM4に付属のUSBケーブル

付属のUSB Type-Cケーブルは短めで、
全長約21.7cm(コード部分のみは14.8cn)です。
ちなみにA→Cタイプです。

WF-1000XMに付属のイヤーチップ

イヤーチップはS,M,Lの3種類が付属しています。
(※Mは元から本体に装着されています。)

WF-1000XM4のイヤーチップ測定
WF-1000XM4のイヤーチップ測定
WF-1000XM4のイヤーチップ測定

ちなみに自分にはどれが合っているのか分からなくても、
専用アプリ「Headphones Connect」で測定してくれます。

Sony | Headphones Connect
Sony | Headphones Connect
無料
posted withアプリーチ

本体

それではここからは
WF-1000XM4本体を見ていきましょう。

ケース

WF-1000XM4の本体ケース

ケースはこんな感じです。
サイズは約W6.5×D2.8×H3.2cmです。
上部に印字されたSONYのロゴが高級感を出してくれてます。

WF-1000XM4の本体ケースを開けた状態

開けるとこんな感じです。
前面にあるLEDインジケータの色で本体の充電残量
おおまかに把握することが出来ます。

本体をケースに入れている場合は、
左右で残量が少ない方のイヤホン残量を
本体をケースに入れてない場合は、
充電ケースの充電式電池の残量を表示しています。

ちなみに簡単に説明すると、
満充電〜残95%時は、それ以外はオレンジになります。
(充電ケースの残量表示時は30%以下オレンジに)

WF-1000XM4の本体ケースの背面

背面はこんな感じです。
USB Type-Cの充電口が見えます。
背面にあるので自立させたまま充電できるのが嬉しいですね。

イヤホン本体

WF-1000XM4の本体

イヤホン本体はこんな感じです。
丸部分とSONYのロゴの銅の色合いが、
高級感を出してくれています。

重さ

WF-1000XM4の本体ケースの重さ
WF-1000XM4の本体の重さ
WF-1000XM4の本体とケースの重さ

ケース本体のみが40g
イヤホン本体のみが14g
ケース+本体の合計が54g
重さは一般的なイヤホンの相場です。もちろん軽いので持ち運びにはオススメです。

特徴

それではここからは
WF-1000XM4の特徴を見ていきましょう。

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能

WF-1000XM4のノイキャン性能図
参考:SONY公式サイト

なんと言ってもWF-1000XM4の最大の特徴がこちら。
着けた瞬間に周囲の音が一気にカットされ、
そこはまるで静寂な別世界

かずのこ

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
着ければ必ず実感できます。
外した時には
「こんなにここってうるさかったんだ…」
と思わず思うぐらいです。

圧倒的な高音質を実現

SBCとハイレゾの比較図
参考:SONY公式サイト

ワイヤレスでありながらハイレゾ相当の音質
実現可能とするLDACコーデックに対応。
SBCコーデックとは約3倍の伝送量で、
音に詳しくない方でもその解像度の凄さには気づけると思います。

ただし、iPhoneは仕様上、
LDACコーデックには対応していません

…じゃあiPhone使いの私は買っても意味ないや…

そう思ったそこのあなた…!!
普通のイヤホンならその通りここで終了なのですが、
SONYWF-1000XM4は違います!!

DSEE Extremeの解説図
参考:SONY公式サイト

AI(人工知能)技術により,ロッシー音源(圧縮音源)
ハイレゾ相当に変えてしまう魔法の技術
「DSEE Extreme」を搭載しています。
これにより音源が最大96kHz/24bitまでアップスケーリングされ、
聴いた時の解像度がまるでハイレゾ
聴いているかのような感覚に陥ります。

かずのこ

一部、生楽器の音などは
違和感を感じることもあるようですが、
ロックJ-POPを中心に聴く僕としては
違和感なく、むしろ快適に聴けています。

360 Reality Audio 認定モデル

360 Reality Audio 認定モデルの解説図
参考:SONY公式サイト

AppleのAirPodsで言うところの空間オーディオ的な存在でもある360 Reality Audio
Headphones Connect」アプリで
あなたの耳の形やヘッドホンの特性に最適化し、
まるで音楽が包み込むかの様な音をお楽しみいただけます。

ヘッドホンを外すだけで音楽を停止する装着検出機能搭載

WF-1000XM4の本体
装着検出機能の解説図
参考:SONY公式サイト

これが地味に便利…!!
不意に誰かに話変えられて、
そのままイヤホンを取ってポケットに…
その後忘れててそのままにして、あとで気づいてら電源が切れてた…
なんて経験がある人もいるんじゃないでしょうか?

このWF-1000XM4耳から外すと自動で音楽が一時停止し、
約15分経過すると、自動で電源がOFFになります。
これで余計なバッテリーの消費を防ぐことが出来ます。

かずのこ

逆に「Headphones Connect」アプリ上で
音楽の一時停止ON/OFF、自動電源ON/OFFも変えられるので、
自分の好みに合わせて設定できます。

ノイズキャンセリングONで最長24時間、OFFなら最長35時間のバッテリー

WF-1000XM4のバッテリー解説図
参考:SONY公式サイト

ノイズキャンセリングONの場合は本体8時間バッテリー
充電ケース2回充電で、最長24時間
ノイズキャンセリングOFFの場合は本体12時間バッテリー
付属のケース2回充電で、最長36時間
※コーデックAAC使用、DSEE Extreme未使用時。

さらに、5分の充電で60分再生可能
クイック充電にも対応しています。

ワイヤレス充電が可能

WF-1000XM4のQi充電について
参考:SONY公式サイト

最近増えてきている
置くだけ充電できる便利な機能。
WF-1000XM4ももちろん対応。
いちいちケーブルを挿さなくていいのはお手軽です。

さいごに

SONYから発売された
ノイキャン音質共に最高峰のWF-1000XM4
いかがでしたでしょうか。

個人的には現時点でワイヤレスイヤホンを選ぶなら
これ一択と言っても過言ではないかなと感じています。

AndroidなどのLDAC対応機器ならもちろんの事、
AACまでしか対応していないiPhoneでも
DSEE Extremeのおかげで納得の音質に仕上げてくれます。

この機会にぜひあなたの日々のオーディオライフ
ワンランク上へと上げてみませんか。

WF-1000XM4と数の子

Amazonで見てみる?

WF-1000MX4の記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次