MENU
Gadgetのカテゴリアイコン
ガジェット
Audioのカテゴリアイコン
オーディオ
Appleのカテゴリアイコン
Apple製品
Amazonのカテゴリアイコン
Amazon製品
ホビー
Serviceのカテゴリアイコン
おすすめ
Knowledgeのカテゴリアイコン
知識
Recommendのカテゴリアイコン
おすすめ
かずのこフロフィール画像
かずのこ

M575とMagic Mouseを比較レビュー / マジックマウス使いがトラックボールを3ヶ月間使ってみた

どうも、PCはマウス派な
かずのこ(@KAZUNOKO_gadget) です。

僕は昔からmac使いでして、
そのためマウスは必然的にMagic Mouse(マジックマウス)でした。

参考:Apple公式ページ

特に何の不便もなく、
むしろ快適に日々仕事や趣味にMagic Mouse(マジックマウス)
使っていました…。

ですが昔から一つ気になっていた存在が…
そう、それが…

参考:ロジクール公式ページ

こちらの左側に大きくボールがついているマウス、
通称トラックボール…!!

この前衛的かつ未知な形にずっと惹かれていました…笑
ですが、なかなか買う決意ができず…

そんな中、約3ヶ月前になんと知人から譲り受けることが出来ました!!

そこで今回は、
Magic Mouse(マジックマウス)派の僕が
3ヶ月以上、トラックボール(M575)を使ってみてどうだったのか、
そのリアルをありのままに伝えたいと思います!!

Apple(アップル)
¥10,364 (2024/02/16 16:27時点 | Amazon調べ)

Magic Mouseを見てみる?

M575を見てみる

目次

まず最初に

M575S,M575GR,M575OWの違いについて

今回ご紹介するトラックボール(M575)には、
品番の語尾が異なる3種類が存在します。
ですが、実は機能的には全て同じです。

商品価格保証期間

M575S
ブラック約7,080円1年間

M575GR
グラファイト約7,370円2年間

M575OW
オフホワイト約7,370円2年間
各M575の違い

違いは上記表の通り、
価格保証期間のみになります。
なぜかM575Sのブラックのみ安い代わりに保証期間が短くなっています

M575とMagic Mouse比較
〜M575のデメリット〜

それでは早速、Magic Mouse(マジックマウス)使いの僕が
約3ヶ月以上M575を使ってみて感じた事を書いていきたいと思います。

まずはデメリット(不便、不満)から!!

M575の方が重くて大きい

Magic Mouse =
高さ2.16 cm×幅5.71 cm×奥行き11.35 cm
M575 =
高さ4.8 cm×幅10 cm×奥行き13.4 cm

上記の通り、奥行き以外は約2倍ぐらい違います

Magic Mouse
(98g)
M575
(157g)

重さも約1.6倍ほど違います。
(M575の重さは単3電池1本込み)

さらに本体がやや大きめなので、
子どもや手の小さい方は使いづらいかもです…。

ちなみに僕はおそらく、
一般成人男性程度の手のサイズかと思うのですが、
それでも手首をテーブルに付けてマウスを持つと
人差し指横にある2つのボタンの上には届かないです…。

そのため押す際は手首を少し浮かす必要があります…笑
わずかな事ですが、少々気になります。

細かい作業がしづらい & 慣れるまで時間がかかる

僕は本業でWebデザイナー兼レタッチャー業務をしているので、
ほぼ常時PhotoshopやIllustratorなどを使用しているのですが、
M575は個人的に細かい作業が難しいです…。

もちろん無理ではないですが、
慣れるまでに結構時間を要するかと思います…。

正直、これがネックで業務中のM575の使用は
現状諦めてしまいました…

ただ細かい作業をしない時は問題ないので
事務的な作業ネットサーフィンなどの時は
問題なく使用しています。

トラックボールの掃除がたまに必要

そんなに頻繁でもないですし、
なんなら僕はまだ掃除をしていませんが、
使っているうちにボールが入っている穴の中に
ホコリなどが溜まり滑りが悪くなっていきます。

そうなったらボールを取り出して
ホコリを取ったりして掃除する必要があります。

ですが作業は至って簡単、

裏側のボールが見えている穴に指を押し入れると
ポンっと簡単にボールが取れます。

そうしたら穴の中やボールをティッシュなどで拭いてあげましょう。
終わったらボールを元に戻すだけです。

デメリットというほどでは無いかもですね。笑

M575とMagic Mouse比較
〜M575のメリット〜

さて、色々書きましたが悪い点ばかりでないです!!
ここからはM575を使ってみて
良かった点を書いていきたいと思います。

おもしろい & 楽しい & 斬新!!

ERGO M575公式PV

何はともあれ、まずは率直に…
親指をグリグリ回してカーソルが動くのは…
おもしろい & 楽しい & 斬新!!…笑

なんかもうこれだけで最初しばらくは遊んでました。笑

普通のマウスでは体験出来ないこれは
一度体験する価値はあると思います!!

マウスの可動域を考えなくていい

普通はマウスを動かすスペースを確保する必要があったり、
さらにテーブルによって反応しなかったりしづらかったり
する事もありますが、
M575(トラックボール)はそれらを全く気にする必要がありません!!

なので上記画像のように
PCイスの肘掛けにM575を置いて背もたれにもたれかかりながら
怠惰的にネットサーフィンする事も可能です。笑

かずのこ

手をほぼ動かさないので、
肩こりや手首の疲れ軽減にもつながるそうです!!

専用アプリで3つのボタンのアクションを自由に決められる

ロジクール公式サイトから無料でDLできる
Logi Options+」を使えば
M575の上記画像の黒丸の3箇所を押した時の動作を
好きにカスタマイズすることが出来ます!!

これが非常に便利!!
ちなみに僕はMagic Mouse(マジックマウス)の挙動と似せるため、

上記のようにしています。
これで基本的なMagic Mouse(マジックマウス)でできる挙動と同じ動作になります。

ちなみにアプリケーション毎にアクションを変える事もできます
あらかじめ登録しておくと使い勝手が上がるので
これはかなりオススメです!!

バッテリー式ではなく電池式

一見、デメリットでは?と思うかもですが、
個人的にはメリットです!!
…だって知ってます?
Magic Mouse(マジックマウス)の充電方法…

こんな感じなんですよ…ダサい
というかこの充電している最中マウス使えないんです…、
それがツラい…泣

でもM575は電池式(単3電池1本)なので
電池が切れても入れ換えればすぐに使えます。

さらに電池の持ちは約1年!!
かなり持つので、普段はほぼ気にしなくていいレベルです。

ちなみに電池残量は先ほどのアプリ(Logi Options+)で
確認可能です。

M575とMagic Mouse比較まとめ


Magic Mouse

M575
軽くて小ぶりな方が良い
細かい作業をする
事務作業やネット閲覧などが多い
マウスの稼働スペースが狭い
ボタンカスタマイズして快適にしたい
肩こりや手の疲れを減らしたい
充電式 or 電池式充電式電池式
(単3電池1本)
価格約13,800円(税込)約7,080円前後(税込)
購入する購入する
Magic MouseとM575の比較表

ザッとこんな感じです。個人的には、

マウスで細かい作業をする人はMagic Mouse
そうじゃ無い人はM575

と言った感じで良いかなと思います。

ちなみに僕は

このように2台ペアリングして、
Photoshopなどの細かい作業時はMagic Mouseを、
それ以外は気ままにM575を使うようにしています。

さいごに

M575Magic Mouseの比較レビュー 、
いかがでしたか?

一概にどちらが優れているとは言い難く、
M575はトラックボール初心者でも扱いやすくて
目立ったストレスは感じていません

ただどうしても細い作業には慣れが必要で、
その辺はMagic Mouseなり普通のマウスの方が優位かなと感じました。

現在、Magic Mouseを使っていて、
M575などのトラックボールに興味がある人の
参考になれたら嬉しいです。

Apple(アップル)
¥10,364 (2024/02/16 16:27時点 | Amazon調べ)

Magic Mouseを見てみる?

M575を見てみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次